5つの特徴

5meritpic.tif

| HOME | ブランディングデザインの5つの特徴 | 5つの特徴 |

5つの特徴

ビジョンセッション

  • オフィス構築にあたって必要な項目を経営者の方とのセッションにより、明らかにし、コンセプトを練り上げます。明瞭になるまでここに時間をかけます。
  • 当ラボはセッションにあたってはプロブレムシーキングという手法でプログラミングを行うことで課題を明確に絞り込みます。

詳しく見るLinkIcon

クリエイティブユニークネス

  • PCのモバイル化はワーカーをオフィスから解放しました。その為、オフィスの存在価値は、そこでの人と人の関わりをどのように設計するか。そのためのワーカーのモチベーション、メンタリティをどうデザインが支援していくのかというところに、焦点が絞られてきました。その企業にしかない個性というものが、今後ますます重要なブランディングのテーマとなっていくでしょう。…

詳しく見るLinkIcon

ヴァーチャルスルー

  • 時代はテクノロジーの進歩によって図面の三次元的な表現を可能にしました。これまでもCGなどでの表現は可能でしたが、あくまでもそれは静止画の域を出ません。きれいに見せるためのフェイク等があり実際の出来上がりとは違う場合が多かったと思います。人間の感覚では平面計画以外は3次元面で理解されるものです。展開図等の2次元表現は単なる設計指示書にしかすぎず、設計段階で作成されればいいものなのです。…

詳しく見るLinkIcon

コストプランニング

  • できあがった三次元プランのパーツにはすべてデフォルトとしてコストデータ等が登録されており、プランを作成した時点で一覧表化し大体の設計金額ベースの概算コストを把握できます。その為、その場でプランの増減を行い、コストの調整ができますので、金額を意識しながら、プランの煮詰めを行うことが可能です。…

詳しく見るLinkIcon

P.O.E.サービス

  •  ブランディングの指標は、お客様にどれだけ満足していただけているのかということです。その為には、その前提としてそこに働く従業員の満足度が高められなければなりません。しかもその満足度はただ単に環境が快適で機能的になったということだけで得られるものではないのです。むしろ、多様なコミュニケーション機会を増やす仕掛けを作って、社員に知識向上型のワークスタイルを体験させたり、メンタルに訴える質の高い空間をつくることがやる気を喚起させ満足度を向上させるのです。…

詳しく見るLinkIcon
HOMEに戻るLinkIcon